東京共同電子申請・届出サービス
葛飾区トップページ  > 手続詳細
文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色  RSS(新着情報)

携帯版サイト

携帯版サイト2次元バーコード

2次元バーコードまたは下記URLよりアクセスしてください。

葛飾区電子申請
「葛飾酒作り本舗」新規会員申込み 申請者IDが必要

受付中(受付期間:2018年02月09日00時00分から2018年03月08日23時59分まで)

電子申請と申請済み手続の照会

申請画面(ブラウザ)から必要な事項を入力して申請できます。

申請した内容や申請の処理状況を確認できます。

手続情報

手続概要 本格的な日本酒作りを酒米作りから体験できます。
酒米作りと酒作りは自然に恵まれた福島県東白川郡塙町と矢祭町で行います。

【活動予定日】
4月7から8日(土・日)・5月12から13日(土・日)・6月23から24日(土・日)・9月29から30日(土・日)に加え、1月又は2月のうち1回(いずれかの土日を1回予定)。
その他郷土と天文の博物館等で日本酒に関する勉強会を数回行います。

【会場】
郷土と天文の博物館(白鳥3-25-1)、福島県東白川郡塙町那倉地区、矢祭町矢澤酒造店

【対象】
どなたでも

【定員】
なし

【内容】
酒米の種まき、田植え、稲刈り、里山の整備、畜産農家の支援、日本酒の仕込み体験、日本酒の歴史や文化に関する講義など

【費用】
年会費5,000円。
福島県への交通費、宿泊費は別途自己負担です。各回15,500円程度。
電子申請以外の手続方法 往復ハガキでもお申込みできます。
「酒作り」、参加者全員の氏名(ふりがな)、住所、電話番号、年齢を記入してください。3月8日(木)(必着)。
受付窓口 葛飾区郷土と天文の博物館
〒125-0063 葛飾区白鳥3-25-1
備考 【その他】
2018年度入会いただきました会員には、2019年1月もしくは2月に仕込みました日本酒を、2019年12月に蔵出しになった日本酒を2本(4合瓶)進呈します。
3月17日(土)午後1時30分から郷土と天文の博物館にて説明会を開催します。

【注意】
利用環境(パソコンのOSなど)によっては、電子申請をご利用いただけない場合があります。
詳しくは、関連リンクの「利用環境(パソコンのOSなど)について」をご覧ください。
関連リンク 利用環境(パソコンのOSなど)について
問い合わせ先 葛飾区郷土と天文の博物館
電話番号 03-3838-1101