兵庫県トップページ  > 組織別検索  > 手続詳細
文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色  RSS(新着情報)
スマートフォン版サイトはこちら

モバイル向けサイト

モバイル向けサイト二次元コード

二次元コードまたは下記リンクよりアクセスしてください。

兵庫県電子申請
【4-3】個人事業の開廃業届

受付中

共通情報

兵庫県電子申請共同運営システム(e−ひょうご)は2021年6月1日8時00分にリニューアルを予定しています。ご利用に当たり、以下の点にご留意ください。

 

〇新サービスについて
・URLが変更になります。URLをブックマーク等に登録している場合、登録変更が必要となります。

 

〇現行サービスについて
・2021年5月31日23時59分まで現行URLでの新規申請が可能です。
・「申請状況照会」は2021年6月30日23時59分でサービス提供を終了します。終了後は現行サービスの全てのページにアクセスができなくなります。
・現行サービスに申請した情報の照会、補正申請については、現行サービスのURLにアクセスし、「申請状況照会」をご利用ください。
 申請状況照会のURL
 https://www.shinsei.elg-front.jp/hyogo/navi/shokai.html

 

 

電子申請サービスの常時SSL化対応について

署名ツールを2018年4月3日に更新しました。更新日以前のツールをご利用されている場合は、『動作環境について』から再度インストールしてださい。

手続情報

概要 個人事業を開業するとき、または廃業するときに提出する届です。
なお、この届の提出は任意となっています。(義務ではありません)

※所得税の確定申告書を税務署に提出される際は、所得税の確定申告書Bの第二表の「事業税に関する事項」欄にも事業の開業・廃業年月日等の所要事項の記載をお願いします。

(1)開業のとき
新たに事業を開始するとき、または既に事業を行っているが事業所が他県から兵庫県内に転入したときに提出できます。

(2)廃業のとき
事業を廃止するとき、または事業所が兵庫県から他県に転出するときに提出することができます。
※年の途中で廃業の場合、事業廃止の日から1ヶ月以内(死亡による場合は4ヶ月以内に廃止した年分に係る所得税の準確定申告を行っていないとき)に個人事業税の申告([4-1個人事業税申告書]の提出)をしなかった場合は、個人事業税の各種控除(損失の繰越控除、事業用資産の譲渡損失の控除等)を受けることができません。なお、所得額が事業主控除額(年290万円の事業期間に応じた月割額)以下の場合、申告は不要です。

詳しくは県税事務所にお尋ね下さい。
提出先 事務所または事業所の所在地を管轄する各県税事務所の個人事業税担当課
関連リンク 個人事業税
個人関係税(個人事業税)の管轄県税事務所
ダウンロードファイル 個人事業の開廃業届  [PDF形式 101KB]