京都府・市町村共同電子申請システム

文字
回答内容入力
回答内容確認
回答完了

採用活動及び「誰もが働きやすい職場づくり」に関するアンケート

回答内容の入力

操作方法のご説明

下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「回答内容確認」ボタンを押してください。
必須マークがある項目は、必ず入力してください。

 また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。
途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「回答一時保存確認」ボタンを押してください。
ただし、選択した添付ファイルに関しては一時保存されません。

【基本情報】
Q1 業種
必須
Q1 業種




Q2 所在地(事業所)
必須
Q2 所在地(事業所)




Q3-1 従業員数(本社、支社及び営業所を含む会社全体)

男性(半角数字のみ)

       〃

女性(半角数字のみ)

Q3-2 従業員数(貴事業所)

男性(半角数字のみ)

       〃

女性(半角数字のみ)

Q4 貴事業所における過去3年間の離職率

離職率の計算方法 : 1年間の離職者数(定年退職除く)÷年度初め(4月1日)の従業員数×100
例)2019年4月1日時点で全従業員100人(うち新卒10人)の会社において1年間で新卒2人、定年退職1人を含む従業員が10人退職した場合 → 2019年度の離職率: 9人÷100人×100=9%

2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
【男性】

Q4 貴事業所における過去3年間の離職率
       〃

2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
【女性】

       〃
       〃

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)
【男性】

       〃
       〃

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)
【女性】

       〃
       〃

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)
【男性】

       〃
       〃

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)
【女性】

       〃
Q5 貴事業所における過去3年間の採用数

2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
【男性】(半角数字のみ)

       〃

2020年度(2020年4月1日~2021年3月31日)
【女性】(半角数字のみ)

       〃

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)
【男性】(半角数字のみ)

       〃

2019年度(2019年4月1日~2020年3月31日)
【女性】(半角数字のみ)

       〃

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)
【男性】(半角数字のみ)

       〃

2018年度(2018年4月1日~2019年3月31日)
【女性】(半角数字のみ)

Q6-1 貴事業所における管理職の人数は何人ですか

(半角数字のみ)

Q6-2 管理職のうち、女性は何人いますか

(半角数字のみ)

【採用活動】
Q7 2022年(令和4年)3月卒採用予定数について、前年度と比較して
Q7 2022年(令和4年)3月卒採用予定数について、前年度と比較して





Q8 採用予定数に対する現在の内定(内々定)者数の割合
Q8 採用予定数に対する現在の内定(内々定)者数の割合




Q9 人材採用について,貴事業所が求める水準の人材は採用(充足)できていますか。貴事業所の従業員の業務水準に対する満足度についてあてはまるものをお選びください。
Q9 人材採用について,貴事業所が求める水準の人材は採用(充足)できていますか。貴事業所の従業員の業務水準に対する満足度についてあてはまるものをお選びください。



Q10 人材採用において,貴事業所の業務に必要な人数の従業員を採用できていますか。人材の過不足感についてあてはまるものをお選びください。
Q10 人材採用において,貴事業所の業務に必要な人数の従業員を採用できていますか。人材の過不足感についてあてはまるものをお選びください。



Q11 貴事業所の人材定着度合いに満足していますか。人材定着への満足度についてあてはまるものをお選びください。
Q11 貴事業所の人材定着度合いに満足していますか。人材定着への満足度についてあてはまるものをお選びください。



Q12 採用活動全般での問題点や課題はありますか(複数回答可)
Q12 採用活動全般での問題点や課題はありますか(複数回答可)










「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q13 どのような支援策を必要としていますか(複数回答可)
Q13 どのような支援策を必要としていますか(複数回答可)








「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q14 今後、採用のために注力していきたいことはありますか(複数回答可)
Q14 今後、採用のために注力していきたいことはありますか(複数回答可)







「その他」を選択された場合にご記入ください。

【働き方改革全般】
Q15 「働き方改革」についてどのようにお考えですか
Q15 「働き方改革」についてどのようにお考えですか





Q16 働き方改革について実践できていると思いますか
Q16 働き方改革について実践できていると思いますか




Q17 働き方改革は企業経営に貢献すると思いますか(複数回答可)
Q17 働き方改革は企業経営に貢献すると思いますか(複数回答可)






「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q18 次の社内制度のうち、貴事業所で「A:導入」又は「B:今後導入することを検討している」制度 はありますか(該当するものを全て選択してください)

※リバイバル休暇制度:繰越期間満了により消滅した年次有給休暇を子育てや介護等に利用できる制度
※復職制度:結婚、出産、介護、疾病などによりいったん退職した場合に復職する(再雇用する)制度
※勤務間インターバル:1日の勤務終了後、翌日の出社までの間に、一定時間以上の休息時間(インターバル)を設けることで、働く方の生活時間や睡眠時間を確保するもの

(A:導入している制度)

Q18 次の社内制度のうち、貴事業所で「A:導入」又は「B:今後導入することを検討している」制度 はありますか(該当するものを全て選択してください)
















「その他」を選択された場合にご記入ください。

       〃

(B:導入を検討している制度)

       〃
















「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q19 Q18のような制度を導入するにあたり、課題となることは何ですか(複数回答可)
Q19 Q18のような制度を導入するにあたり、課題となることは何ですか(複数回答可)





「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q20 裁量労働制の導入についてあてはまるものを選んでください
Q20 裁量労働制の導入についてあてはまるものを選んでください



Q21(Q20で「既に導入している」又は「今後導入することを検討している」と回答された方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q21(Q20で「既に導入している」又は「今後導入することを検討している」と回答された方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)








「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q22 (Q20で「既に導入している」と回答された方にお聞きします)導入後の効果として当てはまるものは何ですか(複数回答可)
Q22 (Q20で「既に導入している」と回答された方にお聞きします)導入後の効果として当てはまるものは何ですか(複数回答可)








「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q23 (Q20で「以前は導入していたが廃止した」又は「導入していない」と回答された方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q23 (Q20で「以前は導入していたが廃止した」又は「導入していない」と回答された方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)










「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q24 以下のうち、貴事業所で取り組んでいることはありますか(該当するものを全て選択してください)
Q24 以下のうち、貴事業所で取り組んでいることはありますか(該当するものを全て選択してください)







Q25 従業員のスキルアップに向けたリスキリング教育・リカレント教育について
Q25 従業員のスキルアップに向けたリスキリング教育・リカレント教育について



Q26 働き方改革を進めるうえでの課題はどのようなことですか(複数回答可)
Q26 働き方改革を進めるうえでの課題はどのようなことですか(複数回答可)

















「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q27 働き方改革の取組を進めるために必要な支援はどのようなものですか(複数回答可)
Q27 働き方改革の取組を進めるために必要な支援はどのようなものですか(複数回答可)













「その他」を選択された場合にご記入ください。

【テレワーク】
Q28 現在、テレワークを実施していますか
Q28 現在、テレワークを実施していますか



Q29 (Q28で、「新型コロナウィルスの感染拡大以前から実施」又は「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始し、現在も実施」と回答した方にお聞きします)平日のおおよそのテレワーク実施率について教えてください(※感覚上の数で構いません)

(例)100人の会社で75人がテレワークしている場合は「70%以上」

Q29 (Q28で、「新型コロナウィルスの感染拡大以前から実施」又は「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始し、現在も実施」と回答した方にお聞きします)平日のおおよそのテレワーク実施率について教えてください(※感覚上の数で構いません)




Q30(Q28で、「新型コロナウィルスの感染拡大以前から実施」又は「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始し、現在も実施」と回答した方にお聞きします)新型コロナのウィルス感染症の収束後も、テレワークを継続して実施する予定ですか
Q30(Q28で、「新型コロナウィルスの感染拡大以前から実施」又は「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始し、現在も実施」と回答した方にお聞きします)新型コロナのウィルス感染症の収束後も、テレワークを継続して実施する予定ですか




Q31(Q30で「規模を拡大して実施する予定」又は「継続して実施する予定」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q31(Q30で「規模を拡大して実施する予定」又は「継続して実施する予定」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)










「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q32(Q30で「規模を拡大して実施する予定」、「継続して実施する予定」又は「規模を縮小して実施する予定」と回答した方にお聞きします)週に平均して何日程度のテレワークを予定していますか(※感覚上の数で構いません)

※2021年9月1日時点の状況を教えてください

Q32(Q30で「規模を拡大して実施する予定」、「継続して実施する予定」又は「規模を縮小して実施する予定」と回答した方にお聞きします)週に平均して何日程度のテレワークを予定していますか(※感覚上の数で構いません)





「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q33(Q30で「規模を拡大して実施する予定」又は「継続して実施する予定」と回答した方にお聞きします)今後、「出勤を要しないテレワーク(勤務日のほぼ全てをテレワーク可)」を進めていく意向はありますか
Q33(Q30で「規模を拡大して実施する予定」又は「継続して実施する予定」と回答した方にお聞きします)今後、「出勤を要しないテレワーク(勤務日のほぼ全てをテレワーク可)」を進めていく意向はありますか




Q34 (Q33で「意向はあるが、実現は難しい」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q34 (Q33で「意向はあるが、実現は難しい」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
















「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q35 (Q30で「規模を拡大して実施する予定」、「継続して実施する予定」又は「規模を縮小して実施する予定」と回答した方にお聞きします)テレワーク求人を「現在出していますか」又は「今後出す予定はありますか」

※テレワーク求人:テレワークが可能であることを明示した求人

Q35 (Q30で「規模を拡大して実施する予定」、「継続して実施する予定」又は「規模を縮小して実施する予定」と回答した方にお聞きします)テレワーク求人を「現在出していますか」又は「今後出す予定はありますか」






Q36(Q35で「今後テレワーク求人を出したいと考えているが、実現は難しい」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q36(Q35で「今後テレワーク求人を出したいと考えているが、実現は難しい」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)




「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q37(Q28で「実施していない」、「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始したが、現在は実施していない」又は、Q30で「収束後は廃止する予定」と回答した方についてお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q37(Q28で「実施していない」、「新型コロナウィルスの感染拡大をきっかけに開始したが、現在は実施していない」又は、Q30で「収束後は廃止する予定」と回答した方についてお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)



















「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q38 今後テレワークを「継続」又は「新たに実施する」にあたり必要な支援は何ですか(複数回答可)
Q38 今後テレワークを「継続」又は「新たに実施する」にあたり必要な支援は何ですか(複数回答可)













「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q39 貴事業所には、テレワークやDX推進に向けた業務のオンライン化を進めることのできる人材(デジタル人材) はいますか

※DX(デジタルトランスフォーメーション):データとデジタル技術を活用し、製品やサービス、ビジネスモデルを変革するとともに、業務そのものや、組織、プロセス、企業文化・風土を変革し、競争上の優位性を確立すること

Q39 貴事業所には、テレワークやDX推進に向けた業務のオンライン化を進めることのできる人材(デジタル人材) はいますか


【外部サービスの利用意向について】
 Q40 職場づくりに役立つ以下の外部サービスを利用していますか。現在利用しているサービスを選んでください(複数回答可)

※この設問における「コワーキングスペース等」とは、パソコン等のオフィス環境が整ったスペースで、事業者が利用料を負担することで、従業員が利用することができるものをいう

 Q40 職場づくりに役立つ以下の外部サービスを利用していますか。現在利用しているサービスを選んでください(複数回答可)






Q41(Q40で利用していないサービスがある場合についてお聞きします)利用しない理由は何ですか(複数回答可)
Q41(Q40で利用していないサービスがある場合についてお聞きします)利用しない理由は何ですか(複数回答可)









「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q42  Q40のようなサービスは、従業員にとって、どういった場面で役立つと思いますか(複数回答可)
Q42  Q40のようなサービスは、従業員にとって、どういった場面で役立つと思いますか(複数回答可)











「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q43  Q40のサービスを新たに利用、又は継続して利用するために必要な支援は何ですか(複数回答可)
Q43  Q40のサービスを新たに利用、又は継続して利用するために必要な支援は何ですか(複数回答可)





「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q44 コワーキングスペース等を利用している主婦やフリーランスがグループになって、企業から業務を受注(コーワキングスペースの運営事業者が請け負う場合もある)するようなケースも出てきていますが、そういったグループに対し、事業所として業務を発注したいと考えますか。
Q44 コワーキングスペース等を利用している主婦やフリーランスがグループになって、企業から業務を受注(コーワキングスペースの運営事業者が請け負う場合もある)するようなケースも出てきていますが、そういったグループに対し、事業所として業務を発注したいと考えますか。



「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q45(Q44で「発注したいとは思わない」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)
Q45(Q44で「発注したいとは思わない」と回答した方にお聞きします)その理由は何ですか(複数回答可)





「その他」を選択された場合にご記入ください。

【京都府の取組について】
Q46 京都ジョブパークの企業支援について「A:知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」(複数回答可)

(A:知っていた支援メニューを選んでください)

Q46 京都ジョブパークの企業支援について「A:知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」(複数回答可)








       〃

(B:今後利用したい思う支援メニューを選んでください)

       〃








Q47 京都府テレワーク推進センターの企業支援について「A:知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」

(A:知っていた支援メニューを選んでください)

Q47 京都府テレワーク推進センターの企業支援について「A:知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」



       〃

(B:今後利用したい思う支援メニューを選んでください)

       〃



Q48   京都府では働く方のキャリアチェンジ、スキルアップに向けたリカレント教育の提供など学び直しを支援する「京都府生涯現役クリエイティブセンター」を令和3年8月に京都経済センター内に開設しましたが、「A:このセンターを知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」

(A:知っていましたか)

Q48   京都府では働く方のキャリアチェンジ、スキルアップに向けたリカレント教育の提供など学び直しを支援する「京都府生涯現役クリエイティブセンター」を令和3年8月に京都経済センター内に開設しましたが、「A:このセンターを知っていましたか」また、「B:今後、利用したいと思いますか」

       〃

(B:利用したいと思いますか)

       〃


Q49 「生涯現役クリエイティブセンター」では働く方のスキルアップ、リスキリングなどと目的とする研修を実施しています。どのような内容の研修があれば従業員に受けさせたいですか。(複数回答可)
Q49 「生涯現役クリエイティブセンター」では働く方のスキルアップ、リスキリングなどと目的とする研修を実施しています。どのような内容の研修があれば従業員に受けさせたいですか。(複数回答可)







「その他」を選択された場合にご記入ください。

Q50  京都府では、誰もが働きやすい職場づくりに役立つサービスの情報を集め、特設サイトで発信していますが、「A:この特設サイトを知っていましたか」、また「B:今後の就労環境の改善等にあたり活用したいと思いますか」

(特設サイト:https://kosodate-office.pref.kyoto.lg.jp/)

(A:知っていましたか)

Q50  京都府では、誰もが働きやすい職場づくりに役立つサービスの情報を集め、特設サイトで発信していますが、「A:この特設サイトを知っていましたか」、また「B:今後の就労環境の改善等にあたり活用したいと思いますか」

       〃

(B:利用したいと思いますか)

       〃


Q51  京都府では、人材確保・定着に向け、時間単位年休等の社内制度の整備や子連れ出勤のための施設整備など、多様な働き方の推進に取り組む府内中小企業等を支援する補助制度(多様な働き方推進事業費補助金)がありますが、この補助制度についてあてはまるものをお選びください
Q51  京都府では、人材確保・定着に向け、時間単位年休等の社内制度の整備や子連れ出勤のための施設整備など、多様な働き方の推進に取り組む府内中小企業等を支援する補助制度(多様な働き方推進事業費補助金)がありますが、この補助制度についてあてはまるものをお選びください


Q52  人材確保・定着の面で効果が期待される奨学金返済支援制度の導入状況についてあてはまるものをお選びください。

※奨学金返済支援制度とは、奨学金を返済する従業員に対して、企業がその一部を手当等で負担する制度です。(京都府には、企業負担分に対する補助制度があります)

Q52  人材確保・定着の面で効果が期待される奨学金返済支援制度の導入状況についてあてはまるものをお選びください。




【回答者について】
Q53 回答者について教えてください
Q53 回答者について教えてください


京都府が今後実施する企業支援に活用するため、差し支えなければ、企業名等を教えて下さい。【任 意】※また、Q46~49において「説明や資料提供を希望する」と回答いただいた事業者さまへは、後日担当者より連絡をさせていただきます。

企業名

       〃

担当者名

       〃

連絡先(半角数字のみハイフン有り(例 075-414-5090))

       〃

メールアドレス

お問い合わせ

お問い合わせ

京都府商工労働観光部労働政策課

電話:075-414-5090
ファックス:075-414-5092
E-メール:rodoseisaku@pref.kyoto.lg.jp