文字の大きさ 大きく 標準 小さく  色 標準 黒色 青色 黄色

幼児教育に関わる実態調査(対象者:園長・所長,教員・保育士等)

回答内容の入力

操作方法のご説明

 下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「回答内容確認」ボタンをクリックしてください。

必須マークがある項目は、必ず入力してください。

 また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。

 途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「回答一時保存確認」ボタンをクリックしてください。
 ただし、選択した添付ファイルに関しては一時保存されません。


令和2年度 幼児教育に関わる実態調査

【調査範囲】
 幼稚園・保育所・認定こども園・地域型保育事業・認可外保育施設
 ※ 地域型保育事業とは,小規模保育・家庭的保育・事業所内保育・居宅訪問型保育を市町村により認可された事業で,原則として0〜2歳児を対象としています。

【調査対象】
 園長・所長・教諭・養護教諭・保育士・保育教諭等
 (臨時職員・非常勤職員・講師を除く)

◎ 記入者についてお聞きします。
1 所属
必須

2 所属の所在地
必須

3 職名
必須

4 年齢
必須

5 経験年数
必須

6 性別
必須
6 性別
◎ 調査(令和2年6月1日現在で御回答ください)
1 保・幼・小連携について
1−1−1 保幼小連携・接続のための取組としてどのようなことを実施していますか。
必須 入力不要

該当するもの全て選択

1−1−1 保幼小連携・接続のための取組としてどのようなことを実施していますか。







1−1−2 「1−1−1」で@を選択した方は,カリキュラムをどのように作成していますか。
入力不要

※ 「アプローチカリキュラム又はスタートカリキュラムの作成」を選択した方にお聞きします。

該当するもの全て選択

1−1−2 「1−1−1」で@を選択した方は,カリキュラムをどのように作成していますか。






「その他」を選択された場合にご記入ください。
1−1−3 「1−1−1」で@を選択した方は,作成したカリキュラムの実践を通した園・所内全体での成果をお答えください。
入力不要

※ 「アプローチカリキュラム又はスタートカリキュラムの作成」を選択した方にお聞きします。

1−1−3 「1−1−1」で@を選択した方は,作成したカリキュラムの実践を通した園・所内全体での成果をお答えください。



1−1−4 「1−1−1」で@を選択しなかった方は,その理由をお答えください。
入力不要

※ 「アプローチカリキュラム又はスタートカリキュラムの作成」を選択しなかった方にお聞きします。

該当するもの全て選択

1−1−4 「1−1−1」で@を選択しなかった方は,その理由をお答えください。








「その他」を選択された場合にご記入ください。
1−2 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織がありますか。
必須 入力不要
1−2 小学校との連携を図るための連絡協議会等の連携組織がありますか。
2 基本的生活習慣について
2−1 幼稚園や保育所等の活動において「はやね・はやおき・あさごはん」運動などの基本的生活習慣の確立のための取組をしていますか。
必須 入力不要
2−1 幼稚園や保育所等の活動において「はやね・はやおき・あさごはん」運動などの基本的生活習慣の確立のための取組をしていますか。
2−2 基本的生活習慣の確立のために,家庭への啓発をしていますか。
必須 入力不要
2−2 基本的生活習慣の確立のために,家庭への啓発をしていますか。
2−3 外遊びや運動など体を動かす習慣の確立のための取組をしていますか。
必須 入力不要
2−3 外遊びや運動など体を動かす習慣の確立のための取組をしていますか。
3 園内研修について
園内研修の頻度についてお答えください。
必須 入力不要
園内研修の頻度についてお答えください。



4 研修について
4−1−1 現在の御自身の研修状況についてお答えください。
必須
4−1−1 現在の御自身の研修状況についてお答えください。



4−1−2 「4−1−1」でB又はCを選択した方は,その理由をお答えください。
入力不要

該当するもの全て選択

4−1−2 「4−1−1」でB又はCを選択した方は,その理由をお答えください。






「その他」を選択された場合にご記入ください。
4−2 今後,受講したい研修会等の内容についてお答えください。
必須

該当するもの3つ選択

4−2 今後,受講したい研修会等の内容についてお答えください。














「その他」を選択された場合にご記入ください。
5 職業上の悩みについて
働く上で悩んでいることがありましたら,その理由をお答えください。

該当するもの全て選択

働く上で悩んでいることがありましたら,その理由をお答えください。








「その他」を選択された場合にご記入ください。
6 「ルルブル」について
子供の基本的生活習慣の確立に向けた「ルルブル」の取組に関して,御自身の教育・保育における取組状況についてお答えください。
必須

※ 「ルルブル」とは,子供の健やかな成長に必要な「しっかり寝ル・きちんと食べル・よく遊ブで健やかに伸びル」の語尾からとったものであり,社会全体で子供たちの基本的生活習慣の定着促進を図るものです。

子供の基本的生活習慣の確立に向けた「ルルブル」の取組に関して,御自身の教育・保育における取組状況についてお答えください。



7 「学ぶ土台づくり」について
幼児教育の充実に向けた「学ぶ土台づくり」の取組に関して,御自身の教育・保育における取組状況についてお答えください。
必須

※ 「学ぶ土台づくり」とは,「目指す子供の姿」の実現に向け,家庭を中心として,地域社会,教育現場,行政といった幼児教育に関わる主体がそれぞれに必要かつ期待されるものとして「親子間の愛着形成の促進」,「基本的生活習慣の確立」及び「豊かな体験活動による学びの促進」等の取組を実践するものです。

幼児教育の充実に向けた「学ぶ土台づくり」の取組に関して,御自身の教育・保育における取組状況についてお答えください。



− お忙しいところ御協力いただき,ありがとうございました。 −
 

お問い合わせ

【実態調査に関するお問合せはこちらまでお願いします】
宮城県教育庁教育企画室幼児教育推進班
TEL:022−211−3615
FAX:022−211−3699
E-mail:kyoikuy@pref.miyagi.lg.jp