幼児教育に関わるアンケート(対象者:保護者)

回答内容の入力


操作方法のご説明

 下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「回答内容確認」ボタンをクリックしてください。
入力必須マークがある項目は、必ず入力してください。

 また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。

 途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「回答一時保存確認」ボタンをクリックしてください。

令和2年度 幼児教育に関わるアンケート

【調査範囲】
 幼稚園・保育所・認定こども園・地域型保育事業・認可外保育施設
※ 地域型保育事業とは,小規模保育・家庭的保育・事業所内保育・居宅訪問型保育を市町村により認可された事業で,原則として0~2歳児を対象としています。

【調査対象】
 保護者
◎ お子さん及び保護者の情報
○ お子さんについてお聞きします。(兄弟や姉妹がいる場合は,小学校入学前の一番上のお子さんについて御回答ください)
◇ 年齢
入力必須

◇ 性別
入力必須


◇ 幼児教育施設別
入力必須

○ 保護者(記入者)についてお聞きします。
◇ 記入者
入力必須

◇ 年齢
入力必須

◇ 居住地
入力必須

○ 家族構成についてお聞きします。
◇ 家族構成
入力必須

◎ 次の内容について,令和2年6月1日現在で御回答ください。
1 親子のかかわりについて
1-1-1 あなたは,平日(休日以外)にお子さんと触れ合う時間はどの位ありますか。
入力必須
※ 食事と入浴を除いた1日当たりの平均時間








1-1-2 「1-1-1」で選択した時間において,お子さんと一緒に何をすることが多いですか。(該当するもの全てを選択し,それぞれの時間も選択)
① 一緒に話をする

② お絵かきやおもちゃなどで遊ぶ

③ 読み聞かせをする

④ ひらがなや数字などの学習をする

⑤ テレビやビデオなどを見る

⑥ 携帯型電子ゲームやテレビゲームなどをする

⑦ 散歩をしたり外で遊んだりする

⑧ 買い物に行く

1-2 親として成長していくための学ぶ機会(妊娠・出産や子育てなどに関する教室や講座など)は充実していますか。
入力必須




1-3 子育てに関する情報(知識)は,主にどのようなところから得ていますか。
入力必須
該当するもの全て選択
























「その他」を選択された場合にご記入ください。
2 お子さんの基本的生活習慣について
2-1-1 お子さんはいつも何時頃に寝ていますか。
入力必須





2-1-2 「2-1-1」で③,④又は⑤を選択した方は,お子さんが午後9時以降に寝る理由をお答えください。
入力不要
※ 睡眠中には脳内で「成長ホルモン(=身体を発達させるホルモン)」が分泌され,この「成長ホルモン」が午後10時頃から活発に分泌されることから,子供の身体をたくましく成長させるためには,午後9時には就寝させることが大切であると言われています。

該当するもの全て選択














「その他」を選択された場合にご記入ください。
2-2 お子さんはいつも何時頃に起きますか。
入力必須





2-3-1 お子さんは毎日,朝ごはんを食べていますか。
入力必須




2-3-2 「2-3-1」で①又は②を選択した方は,お子さんが普段朝ごはんに食べているものを全てお答えください。
入力不要
該当するもの全て選択









2-3-3 「2-3-1」で③又は④を選択した方は,お子さんが朝ごはんを食べない理由をお答えください。
入力不要
該当するもの全て選択


















「その他」を選択された場合にご記入ください。
2-4 お子さんは平日や休日に家庭で遊ぶとき,室内,室外のどちらが多いですか。
入力必須




2-5-1 お子さんの基本的生活習慣の確立にもつながる「生活と親の仕事のバランス(『ライフ・ワーク・バランス』)」はとれていると感じますか。
※ 現在,就業されている方にお聞きします。


2-5-2 「2-5-1」で③又は④を選択した方は,その理由をお答えください。
入力不要
※ 現在,就業されている方にお聞きします。

該当するもの全て選択
















「その他」を選択された場合にご記入ください。
2-6 子供の基本的生活習慣の確立に向けた「ルルブル」の取組に関して,家庭における取組状況についてお答えください。
入力必須
※ 「ルルブル」とは,子供の健やかな成長に必要な「しっかり寝ル・きちんと食べル・よく遊ブで健やかに伸びル」の語尾からとったものであり,社会全体で子供たちの基本的生活習慣の定着促進を図るものです。





2-7 幼児教育の充実に向けた「学ぶ土台づくり」の取組に関して,家庭における取組状況についてお答えください。
入力必須
※ 「学ぶ土台づくり」とは,「目指す子供の姿」の実現に向け,家庭を中心として,地域社会,教育現場,行政といった幼児教育に関わる主体がそれぞれに必要かつ期待されるものとして「親子間の愛着形成の促進」,「基本的生活習慣の確立」及び「豊かな体験活動による学びの促進」等の取組を実践するものです。





3 お子さんの体験活動について
3-1-1 お子さんは自然体験活動(水遊び,虫捕り,キャンプ,ハイキングなど)をどの位していますか。
入力必須



3-1-2 お子さんは家事・手伝い(食事の配膳・片付けや掃除,洗濯物をたたむなど)をどの位していますか。
入力必須



3-2-1 家庭や地域でお子さんに体験させたい活動をお答えください。
入力必須
該当するもの3つ選択
















「その他」を選択された場合にご記入ください。
3-2-2 「3-2-1」の活動について,お子さんに体験させることが難しいと感じることがありましたら,その理由をお答えください。
該当するもの全て選択












「その他」を選択された場合にご記入ください。
3-3 あなたがお住まいの地域では,自然体験活動などについて参加できるイベントや催しなどがありますか。
入力必須



3-4 遊び場として,公園や公民館,児童館などのコミュニティー施設を利用していますか。
入力必須




4 幼児教育の環境について
4-1 子育てで悩んでいることがありましたら,その内容をお答えください。
該当するもの全て選択






































「その他」を選択された場合にご記入ください。
4-2 子育ての悩みについて誰に相談していますか。
入力必須
該当するもの全て選択




















「その他」を選択された場合にご記入ください。
4-3 お子さんの行動(落ち着きがない,パニックを起こしやすいなど)が気になるときの相談先を知っていますか。
入力必須




4-4 発達障害(ADHD,LD,自閉症など)の特性や発達障害がある方への接し方などについて知っていますか。
入力必須
※ 発達障害とは,脳機能の発達が関係する障害であり,障害の特性として,コミュニケーションの障害や対人関係の障害などがありますが,障害の種類や程度などによって現れ方が違ったり,苦手なことも違うため,一人一人の特徴に応じた配慮や支援(「できたことをほめる/できないことを叱らない」や発達障害の子供を温かく見守るなど)が重要です。





- お忙しいところ御協力いただき,ありがとうございました。 -

お問い合わせ

【アンケートに関するお問合せはこちらまでお願いします】
宮城県教育庁教育企画室幼児教育推進班
TEL:022-211-3615
FAX:022-211-3699
E-mail:kyoikuy@pref.miyagi.lg.jp