みやぎ電子申請サービス

文字
申請内容入力
申請内容確認
申請完了

公文書開示請求書

申請内容の入力

操作方法のご説明

下記の入力フォームに必要事項を入力した後、「申請内容の確認に進む」ボタンを押してください。
途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「申請内容を一時保存する」ボタンを押してください。

注意事項

必須マークがある項目は、必ず入力してください。

機種依存文字(半角カナ、丸付き数字、ローマ数字、「﨑」など)は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。

仙台市情報公開条例第6条第1項の規定による「公文書開示請求」です。

仙台市の実施機関 (*1) が保有する公文書 (*2) の開示を請求することができます。

  (*1) 仙台市の実施機関とは、市長、議会の議長、教育委員会、選挙管理委員会、人事委員会、監査委員、
      農業委員会、固定資産評価審査委員会、各公営企業管理者及び消防長をいいます。

  (*2) 公文書とは、実施機関の職員が職務上作成し、または取得した文書、図面および電磁的記録であって、
     当該実施機関の職員が組織的に用いるものとして、当該実施機関が保有しているものをいいます。

なお、ご自分に関する情報(例:○○(さん)の○○申請に関する文書)の開示をご希望される場合は、
この電子申請ではなく、「個人情報の開示請求」をご利用ください。

                          問い合わせ先 : 市政情報センター ( 電話番号 : 022-214-1209 )
 
https://www.city.sendai.jp/shisejoho/shise/security/kokai/kokai.html
申請日
必須
メールアドレス
必須
システムからの通知メールを受信するために、メールアドレスを入力してください。
確認用の欄には、同じメールアドレスをもう一度入力してください。
メールアドレス1とは別のメールアドレスでも通知メールを受信したい場合、メールアドレス2を入力してください。
※メールアドレス1、2に送信される通知メールの内容は同一です。
※スマートフォンの場合、ドメイン指定受信を設定されている方は「elg-front.jp」を受信できるよう指定してください。
( 請求者 )
郵便番号

012-3456の形式で、半角ハイフンで区切って入力してください。

8文字以下で入力してください。
住所
必須

法人その他の団体にあっては、事務所または事業所の所在地を入力してください。

80文字以下で入力してください。
氏名
必須

法人その他の団体にあっては、団体の名称および代表者の氏名を入力してください。

80文字以下で入力してください。
電話番号
必須

012-3456-7890の形式で、半角の数字とハイフンで入力してください。

 ※ 平日の昼間に連絡可能な電話番号を入力してください。


開示文書の準備ができ次第、お電話にてご連絡いたします。

また、対象公文書の特定等のため、請求内容につきまして、市政情報センターや
担当部署からお問い合わせをする場合がございます。

20文字以下で入力してください。
( 連絡先 )
連絡先氏名

法人等のご担当者など、市からの連絡に実際に対応される方が請求者と異なる場合
には、所属や氏名を入力してください。

80文字以下で入力してください。
連絡先電話番号

012-3456-7890の形式で、半角の数字とハイフンで入力してください。

 ※ 平日の昼間に連絡可能な電話番号を入力してください。

20文字以下で入力してください。
仙台市情報公開条例第6条第1項の規定により、次の通り公文書の開示を請求します。
実施機関
必須

実施機関名を、次のプルダウンメニューから1つ選択してください。

請求する公文書の種類
必須

〔請求に際しての留意事項〕
お知りになりたい情報が円滑に入手できるよう、ご留意いただきたい事項です。

※ご自分に関する情報(例:・・(さん)の・・申請に関する文書)の開示をご希望
される場合は、この電子申請ではなく、「個人情報の開示請求」をご利用ください。

※下記の(1)(2)(3)(6)(7)の種類に該当する公文書を請求する際には、以下の
点にご留意ください。

(*1)(1)仙台市が発注する工事・業務委託に関する書類について

・工事の金入設計書のうち、市政情報センターで提供しているものに
ついては、公文書開示請求の対象外となっております。
市ホームページ「金入設計書データの情報提供」でご確認のうえ、情報提供の
対象となっていない金入設計書については、この電子申請により開示請求を行ってください。

・契約締結前の時点では、金入設計書を開示できません。開示請求手続きは、
契約締結後に行うようにしてください(通常は入札日以降2~3週間で契約締結)。

・一度に複数の案件について請求する場合は、箇条書きで記載してください
(実施機関が同じであれば、請求を分ける必要はありません)。

・備考欄に交付方法(電子データをCD-Rに格納するか、紙に印刷したものか)
を記載してください。特に指定がない場合は、電子データで文書をご準備します
(電子メールでの開示は行っておりません)。

(*2)(2)開発行為・宅地造成工事の許可に関する書類について

請求前に仙台市都市整備局開発調整課へ、対象となる書類の保有状況や
対象地、許可番号等をご確認ください。
なお、開発許可区域の開発登録簿と土地利用計画図は、開発調整課の
窓口で交付しています(有料)。

(*3)(3)狭あい道路・位置指定道路の協議に関する書類について

請求前に各区街並み形成課へ、対象となる書類の保有状況や対象協議の
管理番号等をご確認ください。
また、協議図面等の一部(個人情報等に係る部分を黒塗りしたもの)は
各区街並み形成課の窓口で閲覧に供しており、写しの交付を受けることもできます
(写しの交付の場合、コピー代がかかります)。併せてご利用ください。
なお、詳細は各区街並み形成課までお問合せください。

(*4)(6)消防用設備等の点検結果報告書について

請求前に消防局予防課へ、対象となる報告書の保有状況等をご確認ください。

(*5)(7)その他をご希望される場合について

開示する公文書の特定に至るまで、さまざまな調整を要し長い時間がかかる
場合があります。また、開示請求をしなくても情報を得ることができる場合も
あります。
事前に担当部署へお問い合わせいただき、「その情報を市が保有しているか」
「どのような方法で情報を入手できるか」をご確認ください。
開示請求による場合には、「請求する公文書の名称に何を記載したらよいか」
などをご確認いただけますと、お知りになりたい情報を得るための手続きが
円滑に進められ、お求めの情報を入手しやすくなります。

担当部署が分からない場合は、市政情報センター(電話番号:022-214-1209)
へお問い合わせください。

------------------------------------------------------------------------

〔請求する公文書の種類〕

下記(1)~(7)の中から1つ選択してください。

請求する公文書の種類






 

請求する公文書の名称又は内容
必須

対象となる公文書の特定が円滑に進められるよう、次の (1)~(4) の事項を参考に、
できるだけ具体的に請求内容を入力してください。

 (1) 公文書の名称
  
   公文書の名称が分からない場合は、お知りになりたい情報について
   できるだけ具体的にご記入ください。

     記載例)
        ・ 工事(または業務委託)の金入設計書
        ・ 開発行為許可申請書のうち、検査済証、擁壁に関する書類
        ・ 狭あい道路事前協議書
        ・ 住居表示台帳

 (2) 対象時期
   
     記載例)
        ・ 平成○年度
        ・ 平成○年○月○日~平成○年○月○日

 (3) 対象とする範囲

   それぞれの公文書の内容に応じた情報を具体的にご記入ください。
  
     記載例)
        ・ 金入設計書の場合:契約管理番号、工事名(または業務委託名)
        ・ 開発行為等の場合:許可番号、対象地の住所または地番
        ・ 狭あい道路協議書等の場合:管理番号、対象地の住所または地番
        ・ 住居表示台帳の場合:対象地区

 (4) 担当部署 (情報をお持ちの場合はご記入ください。)
 

記載欄
公文書の開示の区分
必須
公文書の開示の区分

備考

この請求に関する補足事項などをご記入ください。

 ※ 郵送による写しの交付をご希望される場合は、その旨をご記入ください。