東京共同電子申請・届出サービス 東京都

文字
東京都
手続一覧
手続詳細

手続詳細

肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業における指定医療機関の届出

受付中

共通情報

手続き完了後の申請書データの保存期間変更について
電子申請サービスヘルプデスクのメール受付終了について
電子申請サービスが正しく表示されない場合の対処方法について
電子申請をご利用いただくために必要なWebブラウザの設定方法について

電子申請と申請済み手続の照会

電子申請
申請画面から必要な事項を入力して申請を行います。
申請状況照会
申請した内容や申請の処理状況を確認します。
申請の取り下げ、通知書の受領確認、職員への連絡、補正申請などの処理を行うことができます。

手続情報

手続概要 ○指定要件
以下の(1)から(4)の要件を満たすこと
(1)東京都内に所在地を有すること
(2)保険医療機関であること
(3)肝がん・重度肝硬変入院医療を適切に行うことができること
(4)以下の役割を行うことができること
 ・肝がん・重度肝硬変患者がいる場合、本事業についての説明及び入院医療記録票の交付を行うこと。
 ・入院医療記録票の記載を行うこと。
 ・患者から依頼があった場合には、肝がん・重度肝硬入院医療に従事している医師に臨床調査個人票等を作成させ、交付すること。
 ・本事業の対象となる肝がん・重度肝硬変入院関係医療(条件を満たすものに限る)が行われた場合、公費負担の請求医療機関として公費の請求を行うこと。
その他、指定医療機関として本事業に必要な対応について協力すること。
関連法令 ・東京都難病患者等に係る医療費等の助成に関する規則
・肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定要領
電子申請以外の手続方法 「肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業指定医療機関指定申請書(第1号様式)」の郵送による申請も受け付けています。
案内・留意事項など ○指定日
東京都が申請書類を収受した日の属する月の初日
※指定に有効期間はありません。

○みなし指定
2020年3月31日までに知事から指定を受けた指定医療機関は、特例として指定日の1年前から指定を受けていたとみなします(みなし指定)。
指定日の1年前が平成30年4月1日より前となる場合は、みなし指定日は一律で平成30年4月1日となります。
みなし指定期間(みなし指定日から実際の指定日の前日まで)に行った医療については、遡って入院医療記録票を記載することが可能ですが、医療費助成の対象となるのは、実際の指定日以降に行った医療のみですのでご注意ください。
みなし指定の詳細については、医療機関向けマニュアルをご参照ください。

○その他
 ・都知事により指定がされたときは、都から指定書が送付されます。
 ・指定を行った後、都は指定医療機関の名称等を厚生労働大臣に報告するとともに、都の指定医療機関一覧をホームページで公表します。
 ・この他、全国の指定医療機関一覧は、国立国際医療研究センター肝炎情報センターが運用する「肝炎医療ナビゲーションシステム」で公表されます。
 ・都から指定を受けた指定医療機関は、都外の患者が入院した場合であっても、入院医療記録票の交付及び記載、臨床調査個人票等の作成、公費の取扱いが可能です。このため、都から指定を受けていれば、別途道府県に対して本事業における指定医療機関の指定を受ける必要はありません。
関連リンク 手続関連URL
ダウンロードファイル ・肝がん・重度肝硬変入院医療一覧(最新).pdf [PDF 171KB]
・肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業取扱いマニュアル(医療機関向け)(平成30年12月17日時点).pdf [PDF 1454KB]
・肝がん・重度肝硬変治療研究促進事業取扱いマニュアル(医療機関向け)【資料集】(平成30年12月17日時点).pdf [PDF 3904KB]
・医療機関向けQ&A(平成30年11月30日時点).pdf [PDF 198KB]
問い合わせ先 東京都福祉保健局保健政策部疾病対策課(指定医療機関担当)
〒163-8001
東京都新宿区西新宿2-8-1 東京都庁 第一本庁舎29階南側
電話番号 03-5320-4476
FAX 03-5388-1437
手続一覧へ
東京都電子申請トップへ