応急危険度判定士認定申請事項の変更について
 県では、地震による被災建築物の応急危険度判定を迅速かつ的確に実施するため、応急危険度判定の実施体制整備を進めています。
 応急危険度判定活動の実施に当たっては、地震発生後の迅速な対応が求められるため、判定活動にご協力していただく判定士の皆様の情報を、的確に把握しておく必要があります。
 応急危険度判定士の認定登録申請時に、メールアドレスや携帯電話番号も登録していただいておりますが、連絡先の変更により緊急時に連絡が取れないことのないよう、連絡体制の入念な整備を行うことが、応急危険度判定制度の維持における重要な課題の一つです。

 これまで、連絡先等の変更については変更届による手続きを行っていましたが、電子情報技術の普及に伴い、従来の手続きと併せて電子申請サービスの活用による届出の体制を整備しました。
 下記の入力フォームに必要な事項を記載して届け出ることにより、応急危険度判定士の登録事項の変更ができますので、ご活用ください。(認定番号を失念されている場合、建築指導課指導班まで電話でお問い合わせください。)
 
 なお、「氏名」及び「建築士の免許種別」に変更が生じた場合は、従来の変更届による手続きが必要ですので、変更届(用紙)に必要書類を添付して、建築指導課までご提出ください。 


注) 説明文が「申込内容」、ページ下部のボタンが「申し込み内容確認」及び「申し込む」となっていますが、「届出
  内容の入力」、「送信内容の確認」及び「送信」と読み替えてご利用ください。
「次へ」を押し、入力フォームに必要事項を入力してください。
「必須」印がある項目は、必ず入力してください。
また、機種依存文字は使用しないでください。機種依存文字が入力されている場合はエラーになります。
途中まで入力した内容を一時保存したい場合、「申し込み一時保存確認」ボタンを押してください。
この画面は1/6ページ目です。